条件を守らなければ、いつまでも出世できない。出世したければ2つの条件を守りなさい

後から入った社員が自分より先に出世したのを目にしたことはありませんか?

後輩に先を越されるのは悔しいものです。

まだなくてもこれから年を重ねれば必ず訪れるでしょう。

なぜ後から入って人でも先に出世してしまうのか。

その訳は、出世の条件を抑えているからです。

「悔しい思いをしないため」出世したいと思っているなら当たり前の条件を必ず守りましょう。

参考書籍:人と比べないで生きていけ


人と比べないで生きていけ

「石の上にも三年」は、寿命の無駄遣い

入社すると「三年は今の会社にいなさい」と周りから言われることは多いと思います。

どこに行っても同じようなことを言われるため、言われて普通の感覚になっているでしょう。

これまで出逢ってきた不器用な人の座右の銘に多かった諺が、「石の上にも三年」だった。

苦労して耐え抜けばいずれ報われるという意味だが、これで寿命を縮めている人は多い。

向き不向きなんて真剣に1年間打ち込めば自分でわかるはずなのに、だらだら3年も時間をかけていると本来掴めるはずのチャンスも逃してしまう。

興味がないところで我慢するより、興味があるところで頑張る方が何倍も出世は早いです。

三年我慢して、そのあと興味があるところに行くのと、数ヶ月で興味があるところに行くのでは、約三年の遅れが出てしまいます。

周りの意見に流されず、自分の意思で決めることも必要です。

将来独立すると決めている人は、出世しやすい

出世したいと思っている人と、独立しようと思っている人では、出世スピードがかなり違います。

同じ向上心に見えるかもしれませんが、出世と独立ではそもそも目指すレベルが違うのです。

そのため、「学習範囲・スピード・責任感」何もかも桁違いです。

出世しようと思う向上心があるなら、出世で止まらず独立を考えるのも良いですね。

条件1:人望とは、口約束を死守すること

出世は一人でできるわけではありません。

上司の口添え、部下の応援があってこその出世。

ですので、出世するには人望は必要不可欠なのです。

人望を獲得するには、約束を守ることが一番の近道です。

約束といっても書類にサインした約束などではなく、「飲みに行く約束」のような忘れるかもしれない口約束のことです。

口約束を守る人は、あなたが思っているほど多くいません。

そのため、口約束を守るだけで、他の人と簡単に差をつけることができるのです。

条件2:信頼とは、陰口を言わないこと

出世に一番大事なことは信頼です。

信頼を得るには、多くの方法があり、どれも疎かにして良いものではありませんが、「陰口を言わない」ということは信頼に大きくかかわります。

入社初日からこの人物は信頼にあたるかを、会社はよく観察しています。

なぜなら出世するということは、機密情報も取り扱うことがあるからです。

つまり信頼がなければ、出世させて重要なところを任すことはできないのです。

Amazonで購入するならこちら→人と比べないで生きていけ

出世の条件でした。