倉庫・物流管理の仕事は何をするの?メリット・デメリットと必要な資格は?

ネットショップ が増え続けている社会で比例して増えていくのが、倉庫・物流管理のお仕事です。

ネットショップで販売している商品の搬入から検品・梱包・出荷作業までを、自社でする場合もあれば、すべて外部の委託倉庫へお願いすることもあります。

どちらにしても、倉庫・物流管理は切り離せない仕事なので、この先ロボットが導入されても、消えることのない仕事になるでしょう。

倉庫・物流管理(以下「倉庫管理」という)のお仕事は一体何をするのかをご紹介します。

基本的な仕事

倉庫管理を一言でいうと、「入出荷」になります。

倉庫へ商品を搬入し、その商品を指示に従って出荷するお仕事です。

一言でいうと単純に聞こえますが、基本的な仕事以外にもいろんな作業があります。

搬入(入荷)

商品の搬入のため、コンテナやトラックから荷物を降ろしていきます。

入荷した商品がパレットに載っている状態であれば、フォークリフトやハンドリフトを使って降ろします。

もし、パレットに載っていなければ、手で商品を降ろしパレットに載せます。

夏場は暑く、冬場は寒い状況なので、暑さや寒さに弱い方はキツく感じるかもしれません。

入荷処理

商品が入荷した後は、入荷数が合っているか確認し、商品に問題がないかを検品します。

入荷数が間違っていたり、商品に問題があった場合は、発送元に確認し、入荷数や補償の確認をします。

入荷商品の片付け

入荷した商品は、指定の場所へ片付けます。

場所が決まっていない場合は、どこに置くかを決めてそこへ片付けます。

出荷作業

出荷指示がある場合は、指示書などに従い商品を取りにいきます。

商品に問題ないか検品後、梱包し送り状を貼ります。

倉庫管理の良いところ(メリット)

求人が多い

ネットショップの急激な発展に伴い、倉庫関係の人材が足りていないところが多くあります。

業務的に難しいことはなく未経験OKのところばかりなので、求人も多く就職もしやすい状況です。

整理整頓が得意な人向き

整理整頓が得意な人に向いている職業です。

倉庫内は当然多くの商品が保管させています。

「倉庫にどれだけ多くの商品を保管できるか」「倉庫スタッフが作業しやすく整理されているか」などが重要なため、うまく整理できるのは強みになります。

ロボットを導入

ロボットを導入している倉庫が増えていくので、作業の自動化が進み今まで大変だった作業を任せて違うことができるようになるでしょう。

倉庫管理の大変なところ(デメリット)

力仕事

フォークリフトやハンドリフトを使って作業することが多いですが、それでも手で荷降ろしをしないといけなかったりと、少なからず力仕事があります。

そのため、重い荷物を運んだり、軽くても荷物量が多いと腰を痛めたりするため、注意が必要です。

アルバイト・パート管理

接客業や飲食業などと同じくらいアルバイト・パートを雇うことが多いので、業務やシフトなど管理が必要になります。

接客業や飲食業の場合は、接客から学びたいことがあって仕事する人は多いですが、倉庫のスタッフはお金のためだけに働いている人が多く、モチベーションは人それぞれなのでマネジメントする側は大変です。

一人一人が1個でも多く出荷できるようにマネジメントする必要があるため、倉庫管理者は上司とスタッフの板挟みになりストレスを感じることが多いでしょう。

倉庫の整理整頓

倉庫業は、「荷物をなるべく多く倉庫に保管できるように」「倉庫スタッフの作業効率を上げるための荷物の配置」「倉庫スタッフの安全を守るため」など、常に整理整頓を心がけなければなりません。