プレゼン

「言っている意味がわからない」「で?何が言いたいの?」と言われることはありませんか?

喋っている本人は、簡潔にわかりやすく伝えているつもりなのに、どうして伝わらないのかと不思議に思っているでしょう。

しかし、簡潔に喋っているようで、「実は複雑に喋っていた」なんてことが多くあります。

相手に1分で確実に意味伝わり、行動してもらう技術を紹介します。

参考書籍:1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術


1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

人はあなたの話の80%は聞いていない

皆さんの多くが誤解をしているのは、「自分が伝えたいことを話せば、人は話を聞いてくれる」ということです。

「同僚との会話」「上司とのやりとり」ビジネスだけではなくプライベートでも、ほとんどの人は他人の話を聞いていません。

全く聞いていない人もいれば、聞いているけど頭に入っていない人もいます。

相手に話を伝えるためには、まず、「相手は話を聞いていない」と頭に入れておかなければいけません。

「理解してもらう」はゴールにならない

話を伝えるということは、「何かを変えたい」ということです。

A「営業部と連動して。より欠品に対して迅速に対応できるシステムを開発したいのです」

B「営業部と連動して、より欠品に対して迅速に対応できるシステムを開発したいのです。つきましては、営業部長の〇〇さんに部長からもお話しいただけませんか」

Aのように結論を話さない人は少なくありません。

すると、話の結論が見えないので、相手から「話はわかった。で?」と言われることでしょう。

そもそも「理解してもらう」というゴールがおかしいのです。伝える側が、聞き手に、「理解したうえで、どうしてほしい」のか、君が動くのか私が動くのか、どうすればいいのか、ということを、必ず考えなくてはならないのです。

本人も結論がわかっていない場合も多くあります。

しかし、話すからには結論を用意しておかなければなりません。

てっぺんのないピラミッドになっていないか

ピラミッドストラクチャーとは

ッピラミッドストラクチャー

初めて聞く方のために簡単に説明すると、話には結論と根拠があり、その結論を一番上に、根拠をその下に並べたものです。

根拠には複数あることが多いので、三角形、つまり、ピラミッドのような形をしているので、「ピラミッドストラクチャー」といいます(上参考)。

ロジカルなストーリーを考える

「こうしてほしい」という主張があるのに、根拠だけを述べて「だから何?」と言われる状況を自ら作っている人は多いです。

根拠しか話さなければ、主張があるのに相手に伝わらず無駄な時間になり印象もよくありません。

まず「結論を伝え」、そして「その根拠を伝える」、この流れを実践するだけで驚くほど伝わる確率が上がります。

事実やデータは結論ではない

多くのビジネスマンは、結論を先に伝えることはわかっているのに、どうもうまく結論を言えません。

その理由は様々で「結論に反対されるのが怖い」「結論を言って誰かが傷つくかもしれない」「結論に自信がない」ことが多いでしょう。

結論とは、相手に動いてほしい方向を表したものです。

「こういう企画です」という言葉は、方向を表していません。いいのか悪いのか、好きなのか嫌いなのか、売れるか売れないか、わかりません。

「売れます(だからやりましょう)」には方向があります。売れるか、売れないかという選択肢がある中で、「売れます」と言っています。

プレゼンは相手に「動いてもらう」ために行なうもの。だから、どちらに向かうのか、動いてもらう「方向」を出すのが結論です。

どうせ相手に伝えるなら、余計なことは考えて曖昧にするのではなく、結論(方向)をしっかり伝えましょう。

ピラミッドで「枠組み」を共有しよう

結論を言うからには、根拠(理由)が必ずあります。

なぜその結論がいいのか、なぜその施策をやるのか、人に提案する場合は必ず根拠があります。

根拠、理由はない、だけどやりたいではプレゼンになりません。人はそれでは納得しません。

そして、「根拠が頭に思い浮かんでいるけど言葉にできない」、これも人は納得しません。

必ず根拠を言葉に出して伝える必要があります。

しかし、根拠が一つでは弱く、根拠が多すぎても印象に残りません。

根拠の数の目安は、人が覚えやすく、印象に残り、説得力が増す数、3つがベストです。

意味がつながっていれば「ロジカル」

相手に正確に伝えるためには、結論と根拠は、意味が繋がっていなければいけません。

A「私はこの会社が好きです。業績がいいから。」

B「私はこの会社が好きです。給料が高いから。」

会社が好きなのはわかりましたが、Aの場合「業績がいいから」というのは本人が思っている意味と聞いた人が感じたことでは意味が違ってくるでしょう。

Bの場合は、誰が聞いても同じ意味として捉えるでしょう。

このように結論と根拠が繋がっていなければ相手に正確な意味は通じないのです。

こういうことがあるので、「〜だから、〜だ」と言ってみて、他の人に聞いてもらい、「本当に意味が通じるか?」とチェックすることが大事なのです。

「基本的に」は不要〜いらない言葉をいかに削るか〜

A「基本的には、先に述べたように、「スッキリ、カンタン」の観点で、「削る」ことを念頭にブラッシュアップしていきます。」

B「「スッキリ、カンタン」に「削る」べく、磨いていきます。」

AとBを読み比べてみるとBの方が簡潔でわかりやすい印象を持つと思います。

しかし、多くの人は頭でわかっていながら話がどうしても長くなってしまう人ばかりです。

たくさん話したくなるのは、調べたこと、考えたことを全部伝えたい!、「頑張った!」と思ってほしいという話し手のエゴです。

でも、聞き手は、必要最低限の情報しか、ほしくないのです。特に口頭で話をされた時は、理解できなくなります。だとしたら、ここは心を鬼にして、気合と根性で、ひたすら「スッキリ、カンタンにしていく」べきなのです。

もちろんいきなり短くすることはできませんが、頑張ったアピールをして伝わらなくなるより、伝えなければならないことだけが伝わるように練習しましょう。

 

Amazonで購入するならこちら→1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

 

プレゼンでも使える、相手に話を伝える技術でした。